小さな工夫でより良く暮らす。

自分らしい暮らしのつくり方。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
人生の得。



昨年待望の新作公開となった

スターウォーズ。




実は私、

これまでスターウォーズに

興味を持ったことがなく、


映画館はおろか

DVDなどでも

一度も観たことがありません。




そんな話を職場でしていたら




『スターウォーズを

観たことないなんてもったいない!

それは人生の半分損してるようなもの、

今からでも観た方がいいってば!』と、


そんな提言をする人までもいる。





根強いスターウォーズファンが

多くいることも知っているけれど、

そこまで云われるほど?



そこまで云うのなら

ぜひ一度…とはならず、



観たことがないから

人生で損をしてる

という自覚もないし、



映画にもそれぞれ

好みというものがあるのだから

観たい人が観れば良いものね。



せっかくの提言だけれど

やっぱりこれからも観る予定なし。







今夜の夕飯は

エスニック牡蠣ごはん。




きのこや牡蠣を

ニンニクやレモングラスで炒め

お酒やお醤油などで味付け。



牡蠣は取り出しておいて



といだお米に

炒めたきのこ類を入れて

たっぷりの生姜の千切りや

レモングラスと共に炊き、





炊けたら牡蠣を戻して混ぜ

万能ネギとディルを散らして完成。





牡蠣の旨味に

ニンニクや生姜やハーブの香りも加わり

確かに エスニックな牡蠣ごはん。




ふっくらした牡蠣がまた 美味しいったら!




2回、おかわり。








そもそもビジュアル的に

美しいとは云えない牡蠣は

苦手な人も多いようで

食べれないと云う人も

意外といるもの。




かくいう私も

以前ムール貝にあたって

とんでもなく辛い目に遭ったから

貝の怖さもわかっているけれど、


あたってでもいいから食べたい

と思うくらい牡蠣は好き。





そんな私、


牡蠣が食べれないという人に出会うと

つい言いそうになる。




『牡蠣が食べれないなんて

人生 半分損してるよ!』って。






あれ?

どこかで聞いたセリフ。笑




人の人生に口を挟み 大きな世話を焼く人。


どうやら ここにも。笑




レシピ comments(0) trackbacks(0)
peaceful






昨夜の豆ごはんを

お弁当箱に

ぎゅぎゅーっと詰め込んで、



『豆ごはん』にかけて

『穏やかな時間』 と解く。




その心は?



『(グリーン)ピースがいっぱい。』





ダメだ、

ちーっとも解けてない。笑




日々平穏に

東北のみんなも

笑顔でピースフルな

時間を過ごせますように。



豆ごはんと一緒に

そんな思いもぎゅーっと詰めて、



なぞかけのセンスはないけれど、

5年の歳月が流れようとも

その心はたしかに

深ーくありますとも。




5年目の3/11 のお弁当。





ライフスタイル comments(0) trackbacks(0)
お主、そう来たか。


どこかのお土産でいただいた

たくさんの野沢菜ちりめん。



なかなか減らないので

炒飯にしてみたり

大根おろしと合わせてみたりしたけれど


まだまだあって 減ってる気配が見えない。





悪くならないうちに

山椒と一緒にお醤油で煮ておこうかな


と、頭の中では

またも得意の

茶色いおかずが増えていたのだけど、



昨日の休日。


台所に立っていた夫が

冷蔵庫の中身を見て

おもむろに作り出していたうちの一品がこちら。





そう来たか。



野沢菜ちりめんをお酒で炒って

明太子をほぐして合わせてみたとの事。




これが思いの外美味しくて


ごはんの上に乗せて食べると最高、

ごはんが進むったら。






自分の発想になかった味。



しかも

茶色いおかずにしかけた私と違って、

夫が作ったものが

この淡くてかわいいピンク色ってね。







なんだろ、

美味しさと同時に味わうのは

軽いジェラシーをも覚える敗北感。笑





でも、ここは素直に言っておく。


春色の美味しさをありがとう!

レシピ comments(0) trackbacks(0)
プラスワン。


小学校の入学祝いに

祖父から贈られた腕時計。



それはもう

嬉しくて嬉しくて、

6歳のくせに

一丁前の大人になれたみたいな気になって、

肌身離さず

いつも左腕につけてましたっけ。


外すのはお風呂に入る時だけ。


お風呂から出てきても

またすぐにはめて、

もちろん寝る時も。



寝る時にも腕時計って

今なら絶対嫌だけど。笑




大人になって

自分の好みで選んできた時計は

たいていフェイスの大きなもの。



紳士用の大きな時計を

少しゆるめにつけるのが好きで、

私の左腕は

だいたい いつもそんな姿。



この度

最近人気のDaniel Wellingtonの

腕時計が新しく

時計コレクションに加わりました。



革ベルトのクラシックなムードと

軽くてすっきりとした

シンプルなフェイス。



いろんな装い、様々な場所で、

これから活躍してくれそうです。




他にも魅力的な時計がたくさん揃う

Daniel Wellington



こちらの購入の際

コードを入れると15%の割引など

特典があるようです。




間も無く迎える卒業、入学シーズン。


プレゼントにもいいかもしれません。




https://www.danielwellington.com/

15%割引クーポンコード:kico



尚、こちらのコードの有効期限は

2016年4月30日までとの事です。






ライフスタイル comments(0) trackbacks(0)
熟成。


週末は楽しみにしていた
ダイアナ クラールのライブへ。




成熟した ハンサムな女性ならでは

力の入りすぎてないハスキーな歌声と

彼女が奏でる

軽快で繊細なピアノの音がもたらす

大人による 大人のための"上質な時間 "。









キャリアを積んでこそ醸し出せる

貫禄とか余裕、味わいってあるものです。





それは歌のみならず、

こんな所にも。





愛用のバルサミコ酢は 熟成25年もの。




25年と云えば

まだ私が10代の頃なわけで、



そりゃあね

それだけ熟成されれば

味の深みも香りも甘みも

それなりに増して

酸味も尖らずまろやかになるわけです。













キッチンの窓辺に置いていたクレソンは

観葉植物的存在になっていて

すっかり食べることを忘れ

気づけばだいぶ しおれ気味。


生の葉っぱを

鑑賞しながら熟成させてる場合ではない。笑






って事で、クレソン救出。


トマトとクレソンの簡単サラダに。






甘くてコクのあるバルサミコ酢は

それだけで 十分に美味しい◎



オリーブオイルと

最後にガーッと

ブラックペッパーの風味を加えて完成。





こちらも愛用の道具。



プジョーの電動ミルは挽き心地も抜群。




手頃な大きさといい

衰えぬ挽き心地といい

信頼出来る道具の一つです。






長年使っても

熟成されて

刃がまるくなる事もなく


挽き心地も ずっとシャープなまま。

これはこれで大事なことね。



ライフスタイル comments(0) trackbacks(0)
white × green




まだまだ寒い日は

続いているけれど

部屋に入る陽射しや

風の温度や匂いに

春が近づいているのも感じる
今日この頃。





だらしなく広がったブランケットや

デーンと鎮座するストーブも

まだまだ 手放せそうになくて

相変わらず 日々寒がっているくせに





カウンターの天板を

クルッとひっくり返し

木目から白へチェンジ、



いち早く 部屋は春夏仕様へ。







白とグリーンのコンビは

私にとって

まさに春の象徴で、




鮮やかなグリーンのアケビは

殺風景な我が家を

少しだけ 春の趣に変えてくれる。








毎年欠かさず買うコデマリは

今年は一階のトイレへ。







扉を開けると ほら。




トイレは一層 春の気配。






ライフスタイル comments(0) trackbacks(0)
宣言どおり。



先日ご紹介した『Cの棚』




AもBもないし

Cの棚なんて名前要らないか、と

云った矢先。







ヤコブセンのCのプレート、

無残にも

粉々に割れてしまいました。




かくして、宣言どおり

本当に無くなった『Cの棚』。苦笑




割れたプレートの代わりに

私のおっちょこちょいを棚に上げて…




落としたくらいで割れちゃうなんて

脆いなあ



…いや、その高さなら割れるでしょ。チーン。










ライフスタイル comments(0) trackbacks(0)
濡れ衣。




子供の頃から好きな海老フライ。

でも実は家で揚げたことって

意外と少ない。



母から大きな海老をもらったので

珍しく海老フライでもと

揚げてみたら

大きかった海老がクルッとまん丸に。


ごはんの上に

デーンと海老フライのイメージ、

儚く消える。


.
そういえば

お腹に切り込み入れるんだっけ?


.
結婚して

料理歴もそこそこなのに

この期に及んで

今更 そんな事を学ぶ。




料理の基本は母から

教わったはずだけど

母から海老の処理を

教わった記憶はないような。



いや、待てよ。
.

子供の頃の記憶を紐解いて

母の海老フライも思い出してみると

やはり母の海老フライもクルッと…


いや、してない してない。

少なくとも

こんなに丸まってなかったはず。


母への濡れ衣、失敗に終わる。


.


そんなわけで

背中を曲げて
恥ずかしそうな今日の海老フライ。


口に入れば一緒だし

丸まってるから

丸わっぱのおさまりが良かった

というのは ただの強がりで、



いつも手間をかけずに

丸まる海老フライを揚げてることが

バレてる私も

海老に負けず劣らず

すこし 恥ずかしい。
.

今日のおべんとう


海老フライ

鶏塩麹のアーモンド揚げ

ベビーコーンの焼きもろこし

長芋のわさび焼き

芽キャベツのソテー

レンコンとこんにゃくの
南蛮炒め煮

人参とお揚げのサラダ

セロリとかぶ、きゅうりの浅漬け

塩ゆでたまご




背中は丸めずに

シャキッと背筋伸ばして行ってきます。







おべんとう comments(0) trackbacks(0)
『C』の棚。



我が家のコーヒーコーナーは

アンティークの小ぶりの棚に

キャスターをつけてワゴンにしたもの。


調子に乗って

コーヒーまわりのものを

あれこれ置いていたら

気づけば かなりの雑然具合。





少しスッキリ整理して、





ワゴンの上に棚をつけました。






下にあるコーヒー道具たちの

ホコリよけにもなる

板厚3cmのフランスの古材。




角もすり減って

長年使われてきたことを想像させる表情も良し。



因みに

奥に見える『C』の文字は

ヤコブセンのデザインレターズのプレート。


一応コーヒーステーションの『C』ね。笑



隣のキャニスターにも『COFFEE』の文字。



名付けて 『Cの棚』


…って、

そもそもAの棚もBの棚もないし

名前、  要らないわよね。





暮らし comments(0) trackbacks(0)
ご機嫌なメロディー。






血圧は低めなのに

なぜか私、昔からわりと

寝起きがいい方で、

ベッドから起き上がって

足を床に下ろす頃には

既に 鼻歌など歌っちゃうほど。


ええ、ええ、

目を開けて
数秒しかたってませんけど。



週明けの昨日から

エンドレスで歌ってる鼻歌は、


『今週も 1週間、
頑張りま〜しょう〜?』っていう歌。




因みに作り歌です。笑

よって、歌詞も
このワンフレーズ×2 のみ。

.

ここ数日の気温の振り幅と云ったら。

着るものどうしようの前に

起きるのやめたい、くらいの気持ちで

どうやら無意識のうちに

ご機嫌なメロディーの

作り歌まで歌って

自分を奮い立たせている模様。



お弁当を作ってる間も

エンドレスで歌い続けた作り歌。



職場でも歌っちゃわないように
くれぐれも気をつけてね←私へ。

.

レンコンで挟んだ大根餅
人参とお揚げのサラダ
大根とマグロの山椒煮
芽キャベツのソテー
焼き鮭
塩ゆで卵




さてと、

今日も1日 頑張りましょう。
.
変わりばえのしないお弁当につき

アングルなど変えて撮ってみたけれど


やっぱり変わらず。



そろそろ諦めよ。


JUGEMテーマ:日々のくらし
JUGEMテーマ:お弁当写真


おべんとう comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/40 | >>