小さな工夫でより良く暮らす。

自分らしい暮らしのつくり方。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
普遍的。



創立1954年


辺りの建物や駅が変わっても

半世紀以上変わらぬスタイルであり続ける

懐かしい場所で 20年ぶりのコーヒー。





いえ、厳密にいうと。


お店に行ってた当時は

今思えば まだまだ子供で、


あの頃は
コーヒーも飲めなかったから

毎度頼むのは 紅茶でしたっけ。




ただただ懐かしく味わう

変わらぬ料理と お店の空気や匂い。


途端にタイムスリップした感覚になるけれど、



向かい合って

コーヒーを飲んでいるのは

当時まだ 出会ってもいなかった夫。









いろんな事を経て

その後おとずれた縁で結婚して、

めでたくコーヒーの味も覚えて。笑






すっかり大人になった今

変わらない空間で

遠い昔の自分を思い出し、



更にガタつきが
大きくなったと思われるテーブルや

反りに逆らって打ち付けられた天板も、



歴史があればこそ

そこはご愛嬌、と笑いながら

時の流れを感じる。




そういう場所があるっていいものだな。






歴史と云えば

こちらも長ーい歴史を持つまい泉。




ヒレかつサンドは自分で作らず

食べたくなったら

まい泉のヒレかつサンドを食べる、がお約束。






これこれ。


まい泉ならではの

ちょっと甘めのソースと薄いパン。


いつ食べても変わらない普遍的おいしさ。





家で食べる時も


幕間に食べる気分で。


お皿なんかにうつすわけもなく

中に入ったおしぼりで手を拭き、

箱のまま『いただきまーす』




サンドイッチの端っこは

お肉が小さめだから

両サイドから食べて真ん中を最後に食べる。




ちょっとお行儀の悪いこの食べ方も

子供の頃から変わらない歴史を感じるルール、



私の中の普遍であります。笑




ライフスタイル comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>