小さな工夫でより良く暮らす。

自分らしい暮らしのつくり方。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
St.Valentine





そば粉のボーロを作ろう!と、


いざキッチンへ。





何個も何個も小さく丸めて、


焼けました。



近くで見るのは厳禁ですが

丸っこいものが

たくさん並んだ姿はかわいい。




そば粉と全粒粉のボーロ、完成。




コロンコロン、と


届け、愛しい彼の元へ!




近場の夫には



こちらもコロンコロンと

ダークなスノーボールを贈ります。



テーブル comments(0) trackbacks(0)
野菜+睡眠≒美肌。


いつもの睡眠時間は

平均して4時間くらいとやや短め。


そんな私ですが、今日は久しぶりに

たーっぷり眠りました。



8時間近く寝たのなんて

半年ぶりくらい?いや、もっとかな。


おかげで肌の調子もいつになく良い感じ◎


やっぱり睡眠は大切ね、と思い知った私。


顔の造形はどこかで諦めるとして、


どんなに年齢を重ねても

出来れば美肌でいたいもの。


とは云え

日頃からその為の努力をしてるか

と聞かれたら…急におし黙る。

なにせ めんどくさがりやなもので。笑



強いて云うなら

心がけているのは、野菜を多く摂ること。


美肌と云えば

韓国人の肌の美しさには

いつも惚れ惚れするから


乳酸菌の量が多いらしく

肌に良いと云われる水キムチは

いつもつくって常備してます。



効果はあるようなないような…


ま、いいのだという思い込みも必要。笑



たっぷりの睡眠でご機嫌の

今日のランチもまた 韓国つながり。



ベーグルサンドのワンプレート。





ベーグルにサンドしたのは

キムチと白身魚のフライ。



お友達に教えてもらったこの組み合わせ。

思わぬ相性の良さに脱帽。


繰り返し食べたくなるコンビなのです。





ポテトサラダは

おからのポテトサラダ。




そしてアボカドのナムル。


お店で食べておいしかったから

こちらも かなりリピート中。


お腹いっぱい。


チャルモッケスムニダ。(ごちそうさまでした)

↑あわてて調べました。笑


JUGEMテーマ:日々のくらし
JUGEMテーマ:おうちごはん



テーブル comments(0) trackbacks(0)
感じがいい。







ブログの中でも

何度かお話させてもらってる

御年94歳になった祖母。




その祖母が

人やものや料理を褒める時に

よく使うのが

『感じがいい』という言葉。



例えばどこかに食事に行って

料理も美味しく

お店のスタッフの態度や

雰囲気も良かったら


『なかなか感じのいい店なのよ』と。



総じて良し。

気に入った。という


己にも人にも厳しい祖母の

これ、かなりの褒め言葉。




知人へのお使いものに買った

鈴懸さんのお菓子は

甘さのバランス、品の良さ

何を食べても

ちょうどよくおいしくて、


祖母の言葉を借りれば

どれもこれも 『感じがいい』笑









いくら見た目が若く元気な祖母も

そこは94歳。


見えない体の中の方は

それなりに疲れていたようで

現在 入院中。



と云っても

深刻な状態ではなく

退院も出来るけれど

高齢ということもあり


大事をとって

年越しは病院になってしまうとか。





美食家で食いしん坊の祖母。


病院の食事というのは

なんとも味気なくて

つまらないだろうな…




どうか 早く良くなりますように。



テーブル comments(0) trackbacks(0)
旅の余韻。





コーヒーはいつも

ブラックのくせに


先日の SHOZO CAFEを真似て

アルミのお皿に

コーヒーとお砂糖をセット。




いつ食べても

やっぱり好きと思える

SHOZOのスコーンを

朝ごはんに。


甘さも控えめだから

お砂糖入りのコーヒーも◎



他にも買ってきた 焼き菓子たち。



しばらく旅の余韻を愉しもう。



テーブル comments(0) trackbacks(0)
学習法。





夏休みの旅行で癒された時間も

日常と日々の暑さに忙殺され



もはや遠い過去に

すっかり
思い出となりつつあるけれど


ハワイで買ったものたちが

暮らしの中に登場すると


買いものした時のシーンが

ふと 蘇ります。




Williams Sonomaにて

購入したこちらのボトル。




夫と私

それぞれしばし勝手に回遊して



集合してみたら

2人してこのボトルを

カゴに入れていた という


珍しく2人の意見が一致したボトル。





オイルボトルって

背の高いものを多く見かけるけど


コンロ周りに置いておいても

ひっかけそうで邪魔だし

食卓に出しても倒しそう。



高さのある安定感のない感じが

どうも好きになれなくて

不本意ながら使っていたのだけど


こちらは安定感抜群。


たっぷりの容量が入りながら

コンパクトに見えて

とても使いやすい。


食卓に持っていっても

1人だけそびえ立つこともなし。




最近のサラダは

レモンを絞って

塩こしょう、オリーブオイルと

ごくごくシンプル派。


パンもオリーブオイルと塩で

いただくことも多いので

テーブルの上で大活躍。






重いストウブを買って

わざわざ飛行機で運ぶという



使うたびに蘇る

そんな思い出や

エピソードは今回はないけれど




そういう無駄なバカな

エピソードが繰り返されるのもね。



やっと学習したということで。笑



と言いながら 失敗も。




真っ黒な岩塩の珍しさに

興味を覚えたけれど


胡椒はミルで

ガーッと削って使うから

塩胡椒した時の見た目が

胡椒ばかりに見えちゃって

塩加減が全くもってわからない。笑




こうして失敗して

またひとつ、学習して。



そうそう、それが人間というもの!








テーブル comments(0) trackbacks(0)
平均の外側。




少し前から IGで

これでもかと

見かけるようになった

NUMBER SUGERのキャラメル




流行ってるからと

それに乗るタイプではないのだけれど



単純にキャラメル好きだから


少し興味があって私も買ってみた件。




感想としては


ビジュアルは確かに

おしゃれな気はするけれど


また買いたい という勢いは

正直 …ない。笑




あれだけ人気があるのだから、と

期待値が高過ぎるのか?



おいしいけれど

わざわざこれでなくてもって

そう思ってしまう私は

人と味覚なり好みが

大きく違うのでは、と


ときどき自分の味覚に不安を覚える。


.



みんながおいしいと云うのは

平均の味。


その理屈で云えば


私の味覚は

"平均" という大きなレンジの中に

入れてないのは確かみたい。


.


ま、いいか。


好みは人それぞれだものね。




コーヒーは

香り高くコク深く

苦味はほどほどに

酸味は強くないものが好き。






…聞かれてませんけど。笑






テーブル comments(0) trackbacks(0)
春何処。






歯ごたえのある

食べ物が好きだから


気がむくと

ビスコッティをつくります。




形がいびつでも

自分で食べるためなので

全く気にしない。笑





ピスタチオ入りを

ガリッと固く焼いたのが好き。



そんなガリガリのビスコッティ


いつも出来る量はほぼ一緒。


こんな風に

シェーカーボックスと

アンティークのガラス容器に

分けていれておく。





密閉性のない

シェーカーボックスは

すぐ食べる用に。



ガラスのボトルは

我が家のコーヒーステーション、


もとい、コーヒーコーナーに置いて

コーヒーの友に。




.


それにしても

春だというのにね。


写真がなんだか

すっかり秋冬感に溢れてますが

全粒粉多めの

色の黒いビスコッティに始まり

背景までもが地味〜で、


春らしくない感じが

いかにも我が家らしい。笑














テーブル comments(0) trackbacks(0)
地味、改め。




Today's Breakfast


玄米おにぎりの地味プレート




ひじきのおにぎりは

ひじきを作った翌日の大定番。




玄米だから
どうしても色がね、と

聞かれてもしないのに

言い訳したくなるほど地味。笑





確かに地味だけれど、滋味深いってことで。



改めて。



玄米おにぎりの滋味プレート、

ごちそうさまでした。




因みに昨日の朝ごはん





こちらは改めようもなく

本気の地味プレート、でした。


テーブル comments(0) trackbacks(0)
真価。






明後日が大寒とあって

毎日寒い、寒い。


寒さもピークとなれば

服装も防寒重視となるわけで

辺りを見回すと

ダウン着の人だらけ。


そんな中 私はと言うと

無類のアウター好きなくせに

ダウンはどうも馴染めず

専らウール系のコートばかり。




もうアウターは増やさないって

毎年思うくせに

毎年守られたことはなく

今年もやっぱり

増えたコートたち。



少し処分しようと

選別し始めたけれど


困った…なかなか減らない。笑




ふるいにかけ

真価が問われても

残るものは残る。


まさに『腐っても鯛』ってね。



多少古くなっても

やはり 良いものは良い。




そんなことわざに

使われちゃうくらいだもの、

どう食べたっておいしい鯛が

今日の主役。




今夜のお夕飯は

鯛の旨味を 存分に愉しめる鯛めし。




炊く前に焼いて

香ばしさをプラスして

丸ごとデーンと。




腐っても、と云うけれど

腐ってないんだから


おいしくないワケがない。笑






そう言えば。



アウターの話は

どこかに行ったままですが、



今日はこれにて。


おしまい。





テーブル comments(0) trackbacks(0)
16分。






ワンホールのケーキとか

お好み焼きとか。


大きな円状のものを

好きに切ってとり分ける時


母はいつも 決まってこう聞く。



「何分くらい?」




ケーキもお好み焼きも

丸い時計に例えられる。




子供の頃からいつもそうだったから


切る側に立つことが多くなった私も

こういう形状のものを切る時は


「何分くらいにする?」と聞いてしまう。




考えてみたら

1/8 とか1/4 っていうより

細かく好みを伝えられて


人によってサイズ感の感覚が

違うということもないから


ある意味、便利な表現。

.


今日のおやつは

お友達にいただいたバウムクーヘン。



10分くらいにしておこうと思ったのに

やっぱり6分追加。


計16分ほど、おいしくいただきました。笑






テーブル comments(0) trackbacks(0)
| 1/3 | >>