小さな工夫でより良く暮らす。

自分らしい暮らしのつくり方。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
『C』の棚。



我が家のコーヒーコーナーは

アンティークの小ぶりの棚に

キャスターをつけてワゴンにしたもの。


調子に乗って

コーヒーまわりのものを

あれこれ置いていたら

気づけば かなりの雑然具合。





少しスッキリ整理して、





ワゴンの上に棚をつけました。






下にあるコーヒー道具たちの

ホコリよけにもなる

板厚3cmのフランスの古材。




角もすり減って

長年使われてきたことを想像させる表情も良し。



因みに

奥に見える『C』の文字は

ヤコブセンのデザインレターズのプレート。


一応コーヒーステーションの『C』ね。笑



隣のキャニスターにも『COFFEE』の文字。



名付けて 『Cの棚』


…って、

そもそもAの棚もBの棚もないし

名前、  要らないわよね。





暮らし comments(0) trackbacks(0)
チャージ完了。






ゆっくりランチを愉しもうと
友人たちと向かったのは

リッツカールトン東京。






食いしん坊仲間だから

「一口ちょうだい」はいつもの光景。



こっちの方がおいしいとか


これはあーだこーだと
ダメ出しも挟みつつ、笑





いろんな話をしながら

言いたいこと云って、


ゆったりと
いろんな味を愉しみました。


.


そうそう頻繁には会えないけれど

たまに顔を合わせ

近況報告的に聞く彼女たちの話。




寄る年波に逆らえぬ話に

共に共感もし、笑





楽しい話ばかりでもなくて

いざ聞いてみると

大変だったんだ…という話も

たくさんあって、



私だけじゃない

みんないろいろあるんだな、と。




彼女たちに起こったことは

明日私にも起こるかもしれなくて



何気ない話の中の

いろんなことが

私の小さな知識ともなるわけで




いろんなことを経験し

乗り越えていく仲間に、


たくさん笑って

他愛もない話に花を咲かせる
そんな時間に




私はいつも

パワーをもらって帰ってくる。


今日もたっぷり

エネルギー チャージしました!



みんな、ありがとね。





暮らし comments(0) trackbacks(0)
曖昧な境界線。




全国的に寒波に見舞われた今週。

みなさん、大丈夫だったでしょうか。




いきなりの大雪で始まって

調子の狂った今週もやっと終わり。



雪かきした雪も

筋肉痛の名残らしきものも

まだ残ってるというのに

明日はまた雪が降るとか。

もう、やだ。




慣れない作業ということもあり

雪かきって本当に重労働。





お向かいさんやお隣さんも

幸い みんないい方だけれど

だからと言って

人の家の前まで

雪かきしてあげるほどの

お人好しも見当たらず、

もちろん、私も、笑。



親切心で

お隣さんまでやったとしても

今度はうちが、と

気を遣わせるかしら?と

なかなか悩ましい。




こと、住宅街の道となると

自分だけ見えないことにして

知らん顔、というわけにもいかないし

どこまでやるかという問題が。



道には境界線があるでもなく

なるべく少ない面積で

終わらせたいからと言って

勝手に境界線を決めて



こっちはやりました とばかり

白黒はっきりつけるのも

あとはお願いします、と

無言で押し付けるようで

どこか後ろめたい。



陽の当たる場所に移動するにしても

まさか人の陣地に

こっそり雪を

山積みにするわけにも行かず。




なんとなく境界線は曖昧に、

屋根の雪が落ちて

隣の敷地に落っこちちゃっても

お互い良識の範囲で、お互い様、と

そんな我が家の雪かき事情。


.
今日のお弁当は

ごはんを下敷きに

鱈とじゃがいもコロッケ

自家製鮭の西京焼き

ホタテとネギの卵焼き

切り干し大根など

おかずは山積み気味。





ぎゅーぎゅーに詰めたこちらも

やはり 境界線は曖昧です。

暮らし comments(0) trackbacks(0)
幕違い。






大雪に見舞われながら
1月も半ばを過ぎて

新春というコトバも
既にどこか遠く感じるけれど

先週末は
毎年恒例の新春歌舞伎へ。



歌舞伎だけに
お着物姿の方も多く
舞台も晴れやかで

なんとなく
縁起の良い時間と
粋な空気を味わえて
毎年1月の風物詩として
定着しつつあります。
.

長丁場の歌舞伎で
幕間に頂く幕の内弁当もまた
楽しみの一つ。

考えてみると
幕の内弁当を食べる機会って
そうそう無いもので

定式幕を前に
文字通り 幕の内に頂くと、

なんというか
正しく幕の内弁当を食べてる
という気になる。笑 .

俵型に結ばれたごはん

隣にはたくさんのおかずが
それぞれ一切れ、一口ずつの
食べやすいサイズで
お行儀良く詰められていて

高級素材なんか
並んでなくても
なんとも贅沢だな、と

ついつい
作る人目線で
パクパク食べる私。
.

一口ずつ
たくさんの味を愉しめる。

たまには
そんなお弁当を
作ってみたいなあ…と

熱の冷めないうちに
あの日の幕の内弁当を
目指したつもりなのだけど、

冷蔵庫にあるもので。

常備菜を使いましょう。と

最初から
本気度がうかがえない
ゆるいルールにしたものだから

わざわざ焼いたのだから
卵焼きは一切れと言わず
せめてふた切れはね。

お正月にも買わない
ピンクのかまぼこなんて
冷蔵庫にあるわけない、とか。

理想の幕の内弁当からは
どんどん離れて行く一方。

努力の跡が見られるのは
ごはんの形状のみと言う…笑。


なんとか
幕の内風、くらいには
見えるようにと

手ぬぐいなど
あしらってみようかと思うも
そんな時間の余裕もなく

慌てて
おやつの人形焼に
参加いただいたところ

撮られた写真は このありさま。


人形焼をおかずに
ごはんを食べる、的。笑

さすがに
自分で自分が
気の毒になる。
.

端正な幕の内弁当作り
のみならず
写真のスタイリングまでも
まだまだ修行が足りぬ
どうにも 幕下以下の私。

そもそも
ごはんを俵型にするのも苦手。

おまけに昨日の雪かきで
ヘラヘラ笑っちゃってる手は

ゴマすら
狙い通りに置けず

ごはんを結んで
詰めるだけで
まあ、時間のかかること。笑

黒ゴマが
思わぬ所に飛び散るのを
箸先で移動しながら

いやいや、

こんなんじゃ
幕下以下どころか
土俵にも上がれないでしょ、と

歌舞伎の話は
何故か相撲話へと
すっかり 「幕」違い。
.

話もズレたことですし、

本日はこの辺で
幕引きといたします。




JUGEMテーマ:お弁当写真
JUGEMテーマ:日々のくらし
暮らし comments(0) trackbacks(0)
ふつうの続き。








新年明けまして

おめでとうございます。


ピカピカな晴天のもと

幸先良く始まった2016年。


今年もみなさまにとって

笑顔いっぱいの

年となりますように。


.


さて、と。



諸事情により

いつもより少し控えめに迎えた

我が家のお正月。


いつもの場所に


何かを整えるでもなく

無造作に活け置いたお花たちも



お正月風情に

欠けるようでもあるけれど



良く言えば

さりげないのだ、と

独自の感性を貫いてみる。笑




元旦の食卓に並んだ

お正月らしき食べ物たちも


お重にもあえて詰めずに

ふだんの続き 程度に、ちんまりと。



控えめながら

めでたいものたちは

形を変えながらも一応食し



いつもとは

少し様子の違う

肩の力の抜けた食卓は

意外にも新鮮で

自ら ちょっと楽しくて。

.


手の込んだ

端正なお節料理をつくってみても

努力したところで

いつも 二歩も三歩も及ばず

努力すればするほど

大雑把な自分に気づくという

残念なスパイラルに

陥ることもなく


オリジナリティある

自分らしいお正月だったなあ、と。







人と同じである事が

正しいわけじゃなくて


みんな違って、みんないい。


この精神に基づいて

今年もブレずに

オリジナリティを大切に

私らしい1年にしたいと思います。


ブレていないつもりが

ただの 頑固 になってたら


その時は

コソッと教えていただきたく、笑


今年もどうぞ
よろしくお願いいたします。


JUGEMテーマ:日々のくらし
JUGEMテーマ:日常

暮らし comments(0) trackbacks(0)
整いました。



年末も近くに見えてくると

大掃除と並んで

整理整頓の文字も頭をよぎる。


とりわけここ数年

やけに『整える。』の文字を

あちこちで見かけるような…



『暮らしを整える。』とか

『心を整える。』とか。


そんな文字に出会わなくとも

私だって

家も暮らしも、心も、

整えたいと思うのが常。




本を読んで整うなら

片っぱしから読むけれど、


問題なのは

そのあと自分が

実践するかどうかなわけで、


ふと自分を見つめてみると


多分 しないな、と。


読む前から想像に難くない。笑



と言いながら

ここに来てまた

読んでいる雑誌に

例の3文字を見つけ

整えなきゃ、と焦燥感に襲われ



とりあえずキッチンから、と

引き出しを開けてみたけれど



どうにかしたいと思いながらも

モノがぴったりおさまってる状態


これらの中身を全部出して

収納場所を考えて

すべてを入れ直す という作業が

途端に億劫になる。



ここはいいか、と

ほかの引き出しを開けても同じく。



既にぴったり納まって


…今日じゃなくていいか。

.


引き出しを3つ開けたところで

整えることをやめる。


.


そして取り出したのは

我が家のぬか床。



夕飯用に大根とキュウリでも

漬けて…と


ついでに

ぬかやカラシを足し

塩も加えて


かき混ぜる度に

どうしても汚くなる

容器の内側をキレイにして、





はい。ぬか床、整いました。笑




JUGEMテーマ:日々のくらし
JUGEMテーマ:整理収納

暮らし comments(0) trackbacks(0)
束の間のクリスマス。






年々クリスマスムードに
踊らされなくなっていく私。


それに伴い
ツリーの登場も減り

家も一向に
クリスマスムードにならず。



今年にいたっては
その傾向もさらに強まり

リースをひとつ 出しただけ。

.


クリスマスと云えば

毎年家族で集まる
ファミリークリスマスが
メインイベント。



今年は我が家にて
クリスマスパーティーを
やる事になったので


さすがにこのままでは
地味過ぎるだろう、と




慌てて出したガーランドは





カウンター兼テーブルに。





昼間は目立たないけれど
一応ライトも忍ばせて




夜はちゃんと
小さくキラキラするし

雰囲気は十分クリスマス。

.


今年もやっぱり

シンプルにさりげなく。



これくらいでちょうどいい。











暮らし comments(0) trackbacks(0)
おいしい時間=シアワセ。


他人と生活するなんて
考えられない


ずっとそう思っていた私が

26歳で結婚して


気づけば
ものすごい長い年月を

共に過ごしてきた夫。



ささいなケンカもあるけれど

こんなワガママな私に

気長につきあってくれて


今年もまた

結婚記念日を迎えました。




不満も無いとは云えな
いけれど、笑


まあ そこは

もともと赤の他人なのだから、と

自分を納得させ

フラットな状態まで

持って行こうと 努力はする。





何より

私自身忘れっぽい事が功を奏し

自分の分が悪い事は

即、無かったことに、

負の感情も

あまり長続きしないもので

頭にくる事があっても

比較的 早く忘れる性分。



という事で、今現在も
概ね 良好の様相。

(あくまで
個人の感想によるものです。笑)

.


今年の結婚記念日は

秋の東北へ。




旅の帰りに立ち寄った

那須のSHOZO CAFE






例年よりだいぶ暖かかった

秋の那須もまた心地良く


久しぶりに

おいしいコーヒーと
スコーンやら

シフォンケーキを堪能してご機嫌。



結婚生活も長くなれば

いろいろあるけれど、


おいしい時間はシアワセをもたらす。


このセオリーに倣って

この先もずっと

おいしい時間重ねていきましょ。





JUGEMテーマ:ひとりごと
JUGEMテーマ:日々のくらし
暮らし comments(0) trackbacks(0)
私の定番。ーお鍋編ー


時間をかけて丁寧に

ストウブのお鍋なんかでコトコトと。



そんなぽかぽかとした時間は

もちろん理想的で

大好きなのだけど


慌ただしく

日々時間が過ぎていく中

そうそう お鍋にばかり
向かってもいられないし


やっぱり合理的に

スピード重視になってしまうのが

我が家の現実。




結婚する時に

嫁入り道具として

母から贈られたのは

そんなスピード重視派の強い味方
WMFの圧力鍋。

iPhoneImage.png

圧力鍋にありがちな
ヒューヒュー回る
怖くて煩わしいものもなく

スッキリとシンプルで
用の美と呼ぶに相応しい
端正なこのフォルム。


キッチンウェアブランドの中でも

特にWMFを贔屓にするのも

この鍋との出会いがあってこそ。



お料理好きな母の経験上

選んでくれたのは

大容量の6.5Lと

比較的手頃なサイズの3.0L。

iPhoneImage.png


大は小を兼ねるとばかり

大きなサイズも贈ってくれたのだけど



結婚しても
2人生活継続中、


あいにく

炊き出しのお手伝いとかもしていないもので、


当然こんな風に

圧力鍋が同時に並んで

稼働する事はありません。

iPhoneImage.png

大きな6.5Lは
やはり出番は少なめ。



それでも

シンガポールの名物料理

バクティを作るには

絶対、これ。


ちゃんと役割を持った

ベテラン選手なのであります。




方や3.0Lの方はというと

日常的に使いやすいサイズでもあり

コンスタントに出番も多め。


どんなに荒く使っても

キャリアを重ねても

洗えば再び

ステンレスの光を取り戻し

ピカピカになるところ、

さすがWMFと

何度 惚れ直したことか。笑


因みに

お鍋と共に

母が贈ってくれたのは

蓋内側の交換用のゴムパッキン。


iPhoneImage.png


さすが経験者、

その心配りはいかにも母らしく

ありがたく受け取ったのだけど、


母が受け継いで欲しかったであろう

心配りが出来る所は

残念ながら

今現在、受け継いでいない模様。苦笑




そんな母から贈られた
2つの圧力鍋と歩む事、早10数年。



その使い勝手の良さを知り

自分のライフスタイルも

日頃の我が家の料理事情も

それなりに定まりつつある中

自分の経験も取り入れて

新たに迎えたのが

1番小さなサイズの2.5L。


iPhoneImage.png

既に3.0Lのものがあるわけで

数字的に大差のないお鍋を

新たに追加するべきなのか

よーくよーく考えました。


買い物のの失敗は
そこそこ多い私だけれど

これは買って正解!


数字以上に大きく違うのは

この形の違いで


径は小さく深さがあるタイプと

径は大きいけれど浅型のタイプ。



思った以上に
ちゃんと使い分け出来る上

小さなサイズは
やはり取り扱いも手軽で便利。


より気軽に

圧力鍋を使うようになり

使用頻度が高まるのに比例して

手抜きも増加傾向。笑





以前から好きで
よく作っていたちまきは

あらかじめ

もち米を数時間水に浸けておいたり


思いつきで
作れるものではなかったけど、


そんな過程も一切必要なく
圧力鍋の力を借りれば
加圧3分で出来てしまう。





ひょい、っと
手軽に扱えるこのサイズ。


思いつきで
手のかかるものを料理出来る身軽さ。



合理的で便利なら道具は

憧れの丁寧な暮らしから

どんどん 私を遠ざけます。

iPhoneImage.png


なにやら

鍋の写真ばかりになったので

以前作ったお弁当の写真でも。

iPhoneImage.png
中華おこわとお赤飯。



圧力鍋大活躍後の証です。






JUGEMテーマ:整理収納
JUGEMテーマ:日常

暮らし comments(0) trackbacks(0)
10月のお弁当。


気候的にも大好きな10月。




お弁当にも秋の気配を…と、

もみじなどあしらってみる。




栗ごはんや

炊き込みご飯にもみじって

いかにも、秋の顔。



あいにく我が家の庭には

もみじがないもので


家のすぐそばの公園から

コソコソとちょっと拝借。



間も無く

このもみじが紅葉して

木から落ち始めると



日々、我が家の前に寄ってきて

私を毎日のように

枯葉掃除に陥れるから


落ちる前にひと枝もらっても

バチは当たらないはず。


枯葉削減のため、です。




他の日のお弁当も

季節感のある
秋の顔をしてるかと云えば

全くそんなことはなく、



春にも夏にも見たような





いつも見慣れた顔ぶれで




相変わらず

いつだって 主役は卵焼き。笑






後半はもう少し…



いえ、変わらないな たぶん。笑



でも、もみじが紅葉したら

ハサミを持って公園に。


枯葉削減運動ですから。笑



暮らし comments(0) trackbacks(0)
| 1/16 | >>